機器・設備の利用

主な機器・設備【ものづくり技術支援グループ】

光造形システム

複雑な立体形状も高精度に造形できます。

光造形システム
光造形システム
光造形システムによる造形品
光造形品

 光造形とは、3次元CAD等で作成したデータを利用して、紫外線レーザを精密に制御しながら、液状の紫外線硬化樹脂に照射し、照射した部分だけを硬化させ、一層ずつ積層することで、精密な立体物を作製する技術です。
  光造形システムは、部品やケース、製品そのものの外観等において、複雑な形状を造形できることを強みとし、独創性・機能性・デザイン性に秀でたオリジナル製品の開発等に活用できます。また、3次元CADデータさえあれば、直接造形作業を行うことができ、短時間で立体造形を行うことが可能であるため、製品開発期間の短縮や開発コストの低減が可能となります。
  光造形システムで作製した造形品は、機械・電気部品の試作品や実験用模型をはじめ、営業用サンプル、鋳物や真空注型のマスターモデルとして利用することができます。 また、本システムでは非毒物・非劇物指定の光硬化性樹脂を利用して造形が行えるため、安全に作業を進めることが可能です。

本装置は、[JKA(競輪)補助事業]により導入されました。
【日本自転車振興会補助金】導入機器一覧

【お問い合せ・お申し込み先】

詳しい仕様やご利用方法などお気軽にお問い合わせください。

北海道立工業技術センター ものづくり技術支援グループ
TEL:0138-34-2600

使用承諾申込書(PDF)ダウンロード機器・設備の一覧はこちら

このページの先頭へもどる ▲