HITECニュース

平成27年度「北海道新技術・新製品開発賞」食品部門優秀賞受賞

 当センターが、技術支援を行った函館ひろめ堂(株)(函館市)の糖化熟成技術によるコンブ素材を用いたふりかけと北海道乳業(株)(函館市)のはっ酵乳「生乳ヨーグルト」が平成27年度北海道新技術・新製品開発賞(主催北海道)の食品部門 優秀賞を受賞しました。

(以下北海道ホームページより抜粋)

 本賞は、本道工業等の技術開発を促進し、新産業の創出や既存産業の創出や既存産業の高度化を図るため、平成10年から道内の中小企業者等が開発した優れた新技術・新製品を表彰するものです。

 

 

【糖化熟成技術によるコンブ素材を用いたふりかけの概要】

・水分調整と熟成中の温湿制御により、短期間で多量のマンニトール(コンブ特有の糖・白粉)を表出させる新技術(糖化熟成技術)を用いて製品化されたふりかけ。

・糖化熟成技術により、化学調味料などを用いずに自然な甘みと旨みを増強することで、天然素材のみを用いたコンブ加工品として、高付加価値化に成功した。

・現在、こだわり食材や有機食材を扱う、国内最大手の流通業者と取引され、着実な売り上げ実績をあげているが、本製品の更なる販路拡大だけではなく、糖化熟成技術を用いた新たな製品開発やコンブ原料の付加価値向上が期待される。

 

**工業技術センター研究開発部 応用技術支援グループ研究主査 小西靖之コメント**  

 糖化熟成技術はコンブ表面に短時間でマンニトール(白い粉)を析出させるために、従来にない全く新しい発想の元で函館ひろめ堂(株)、北海道立工業技術センター、北海道総合研究機構、食品加工研究センター、北海道大学大学院水産科学研究院などの産学官連携による研究開発のノウハウが生かされた技術です。開発製品である「糖化熟成技術によるコンブ素材を用いたふりかけ」は、道南のマコンブ等の海藻の特性を生かして風味制御した製品で、既に全国的な販売展開を進めており、今後の販売拡大が期待される商品です。

                  (写真)函館ひろめ堂さんのふりかけ

【はっ酵乳「生乳ヨーグルト」の概要】

・オール北海道というコンセプトのもと、「北海道産の原材料」に「北海道産の植物性乳酸菌 (HOKKAIDO株)」を使用し開発されたヨーグルト。

・生きた乳酸菌を安定して一定数保って流通販売する技術は高度であり、国内でも高い技術水準にある製品となっている。

・また、同社はHOKKAIDO株の機能性に着目し、ヒト介入試験を実施。機能性効果が実証され、試験結果を論文として学会誌に発表した。現在、北海道機能性表示制度(ヘルシーDo)への申請準備中。

・本製品は、既に全国各地の量販店等で販売されており、更なる販路拡大が期待できる。

   (写真)表彰式の写真 左から函館地域産業振興財団猪飼専務理事                     北海道乳業河崎庸商品開発室長、函館ひろめ堂成田幸大専務取締役工業技術センター小西研究主査