HITECニュース

海藻機能性セミナー

日 時:平成28年3月23日(水)14:30~17:00

場 所:ホテル函館ロイヤル

参加者:64名

 平成15~20年度に実施された文部科学省の都市エリア産学官連携促進事業、平成21~25年度の地域イノベーション戦略支援プログラム「函館マリンバイオクラスター」では、函館近海で産出されるガゴメ昆布等に注目して研究開発が行われ、これまでに200品目を超える商品が開発されてきました。しかしながら、ガゴメ昆布の機能性物質であるフコイダンの機能性を活用したヘルスケア分野の商品開発はあまり進んでいないのが現状です。 そこで、ガゴメ昆布のヘルスケア分野の開発及び消費意欲を促進するため、関連メーカーの経営者、開発者や一般の消費者を対象として、ガゴメ昆布フコイダンの機能性の周知と普及を図るセミナーを開催しました。 

【プログラム】

セミナー ・「フコイダン及び海藻機能性食品市場の動向」

      株式会社グローバルニュートリショングループ 代表取締役 武田 猛氏

     ・「ガゴメ昆布フコイダンの機能性」

      タカラバイオ株式会社 CDMセンター課長 大野木 宏氏

パネルディスカッション ・ガゴメ昆布フコイダン利用の展望

パネリスト 武田 猛氏(株式会社グローバルニュートリショングループ代表取締役)

      大野木宏氏(タカラバイオ株式会社 CDMセンター課長)

      布村 重樹氏(がごめ連合代表)

(写真左)株式会社グローバルニュートリショングループ 代表取締役 武田 猛氏

(写真右)タカラバイオ株式会社 CDMセンター課長 大野木 宏氏

(写真)パネルディスカッションの様子