HITECニュース

こんなことができます

臭い識別装置

(アルファ・モス・ジャパン(株) フラッシュGCノーズ HERACLESⅡ)

 

[使用事例]

食品の臭い・香り成分特定、香りの違いに基づく食品群のマッピング、食品開発、異臭クレーム対応等

 

この臭い識別装置は、超高速ガスクロマトグラフィーを基盤とした電子嗅覚システムで、一般的なガスクロマトグラフで20~60分かかるヘッドスペース分析を、分離時間2~3分という短時間で分析可能です。 分析は、試料を専用容器に密閉し加温後、容器ヘッドスペース中の気体を装置に自動注入し極性の異なる2本のカラムで臭い成分を分離し検出信号を化学的フィンガープリントとして記録します。次に、保持指標・におい物質ライブラリーソフトウエアを用いることで、試料中の臭いに大きく寄与する成分予測及びその成分の分析ができます。また、主成分分析、判別分析など、臭い識別に香り用語や化合物情報を加えたマッピングやグラフの作成が可能です。

 

主な仕様

検出器:FID2個 最大320℃

カラム:MXT5 / MXTWAX

温度プログラム:35℃~300℃ 昇温プログラムは7段階で制御

ヘッドスペースオートサンプラ-:60試料対応

分析:ヘッドスペース分析、SPME分析対応

 

【お問い合わせ】 研究開発部食産業技術支援グループ 大坪 ℡(0138)34-2600

 

(写真)臭い識別装置