HITECニュース

展示会に出展

2018年度精密工学会秋季大会 特別企画

北海道内高専・大学・公設試 研究成果展示

日 時:平成30年9月5日(水)

場 所:函館アリーナ内 「メインアリーナ」

 

精密工学会北海道支部活動に積極的に携わっている道内の高専・大学・公設試・NPO等の活動成果を発信する「北海道内高専・大学・公設試研究成果展示」が開催されました。道内の高専・大学8校、公設試2団体、NPO2団体が参加し、精密工学に関連する幅広い分野での研究・教育プロジェクトや産学連携活動の成果をデモやパネルで紹介しました。当財団も(株)仁光電機の定置網漁向けアザラシ用忌避装置、プラズマランプ(LEP)灯を用いたイカ釣り用低消費電力型集魚灯を展示、紹介しました。

(写真)函館地域産業振興財団(北海道立工業技術センター)展示の様子

 

 

 

 

 

食品開発展2018

食品の3大テーマである健康、美味しさ、安全・品質に関わる専門展示会

日 時 :平成30年10月3日(水)~5日(金)

場 所 :東京ビッグサイト

 

食品開発展は、食品分野の研究・開発、品質保証、製造技術者向けの専門展示会として平成2年にスタートし、今年で第29回を迎えました。当財団は、ノーステック財団のブースにヘルシーDoの認定を受けた能戸フーズ(株)のガゴメ昆布「ねばるん」と(株)医食同源の「フコイダンカプセル」、その他新しい機能性素材として春採り昆布、ダルス、アカモク粉末等を展示しました。「ねばるん」と春採り昆布は、試食提供も大変好評でした。出展社セミナーでは、「ヘルシーDo制度と北海道の機能性素材(ガゴメ昆布、ナノ型コンドロイチン、アカモク、春採り昆布など)のご紹介」と題して食産業技術支援グループ木下康宣研究主査がプレゼンテーションを行い、食品メーカー等多くの方にご参加頂きました。

 

*「ヘルシーDo」は、北海道庁が創設した健康志向のブランドであり、平成25年に全国で初めて実現した「自治体版の機能性表示制度」です。北海道内で製造され、且つ機能性成分についての科学的な研究が行われた食品には、パッケージ等に北海道庁が認定する「ヘルシーDo」のマークを表示することができます。これまで57社から106商品(平成30年9月現在)もの加工食品が「ヘルシーDo」に認定されています。

(写真左)函館地域産業振興財団展示の様子

(写真右)プレゼンテーションをしている木下研究主査

 

 

 

 

 

 

ビジネスEXPO「第32回北海道 技術・ビジネス交流会」

『アイディアを創造し、未来へ発信する。』

 

日 時:平成30年11月8日(木)~9日(金)

場 所:アクセスサッポロ

 

北海道技術・ビジネス交流会は、今年で第32回目の開催となり、道内のみならず全国に北海道の強みと可能性について情報発信する北海道最大級のイベントです。今年は、357の企業、団体が出展しました。来場者数も2日間で21,200名となりました。当財団は、函館地域の企業と函館市産業支援センターとともに出展し、来場者の皆様に展示品を説明しました。

 

【はこだてビジネス交流ゾーン出展企業】五十音順

・(株)浅井ゲルマニウム研究所

・(株)アサヒ

・(株)グローバル・コミュニケーションズ

・(株)上加冷機工業

・日新電子工業(株)

・函館酸素(株)

・(有)パテントワークス

 

【函館市産業支援センター入居企業紹介】

・(株)AⅠハヤブサ

・サンテクノ(株)

・(株)デジタライズ

・ナカ電子(株)

・(株)北清

(写真)ビジネスEXPOの様子

関連用語: