HITECニュース

平成23年度北海道立工業技術センター研究成果発表会開催

    6月15日(水)ロワジールホテル函館で工業技術センター研究成果発表会を開催しました。三浦センター長の開会挨拶に続き、企業や大学との共同研究などの成果8題を発表し、クルマバソウアイスクリーム、タマフクラ、ホッケ飯の試食、アピュアの体験コーナーも大勢の人で賑わいました。引き続き開催した交流会でも産学官の参加者が情報交換等を行いました。

発表演題と発表者は、下記のとおりです。

1 フコイダンを利用した創傷被覆保護材の研究開発
                                     青木 央(食品技術科)

2  海洋細菌による生鮮海産物の品質低下と制御
                                     鳥海 滋(バイオテクノロジー科)

3  T-RFLP法による食品中の菌叢解析に関する検討
                                     清水健志(食品技術科)

4  当センターにおける粉体評価技術に関する技術相談事例
                                    田谷嘉浩(研究開発部)

5  スルメイカ蓄養中におこる品質変化
                                    吉岡武也(研究開発部)

6 刃物用途を目的とした機能性耐摩耗工具材料の開発
                                     高橋志郎(材料技術科)

7 インジウム – スズ系酸化物透明電極の劣化解析
                                     菅原智明(プロセス技術科)

8 座ってバランス機能を鍛える「apyua」の開発
                                     笠井文雄((有)パテントワークス)
                                     村田政隆(機械電子技術科)

 

 
(写真左)三浦センター長挨拶  (写真右)(有)パテントワークス笠井文雄社長(左)村田研究員(右)


試食・体験コーナーの様子