HITECニュース

平成22年 9月号

こんなことができます

材料や製品の強度特性を調べることができます。
精密万能試験機
基本使用料(最初の1時間)3,450円、2時間目以降(1時間毎)450円 (それぞれ税込み)

物体の強度を知るためには、製品自体の強度特性を知ることはもちろん、物体を構成する材料の強度や部品としての強度を知る必要があります。精密万能試験機は、特に温度に関して敏感なプラスチック製品などの引張強さ、引張伸び、圧縮強さ、3点/4点曲げ強さ、たわみなどを測定することができる装置です。この装置は恒温恒湿室という温度湿度を一定に保つことのできる部屋に設置されており、JIS規格や使用環境に合わせた環境で試験を行うことができます。試験ユニットには、高温・低温試験槽も取り付け可能で、-40℃〜200℃までの試験を行うこともできます。
新製品開発や部材の品質保証をお考えの際に、本装置を活用してみては如何でしょうか。
この他にも、より大きな荷重が測定可能な万能金属試験機、ロックウェル、ブリネル、ビッカース、ショアなどの各種硬さ試験機も保有しておりますので製品や材料の強度に関するご質問やご相談がございましたら、当センターの材料技術科へお気軽にご連絡ください。なお、本機器は、平成7年度日本自転車振興会 (現財団法人JKA)補助金で設置されました。

精密万能試験機

お知らせ

函館地域産業振興財団の平成22年度助成事業決定

7月22日に開催された平成22年度「研究開発助成事業」及び「起業化助成事業」の審査委員会において、次のとおり交付対象事業が決定しました。

1.研究開発助成事業(4件)
企業名 所在地 助成予定額
(千円)
研究開発テーマ名
(有)バイオクリエイト 函館市豊川町
27-5
2,484 基礎化粧品に係る天然成分による安定処方の確立
中村物産(株) 函館市大手町
9-13
1,791 高効率温風発生炉の開発
根ぼっけ 七飯町字大中山2丁目
30-2-201
701 地域産原料を用いたバッテラ寿司の高品質化・生産省力化に関する研究開発
(株)メデック 函館市鈴蘭丘町
3-133
3,000 多品種対応箱詰用ロボットのシステムの試作開発研究
2.起業化助成事業(1件)
企業名 所在地 助成予定額
(千円)
起業化テーマ名
(株)だるま食品本舗 函館市西桔梗町
589-216
5,000 たまふくら大豆の加工特性を保持した中間素材の開発と商品開発

お知らせ

入居者募集
函館市産業支援センターインキュベータルーム

起業や新事業のスタートアップをサポート
あなたのチャレンジを応援します。

函館市産業支援センターでは、情報処理サービス業などの起業や新事業のスタートアップをサポートするインキュベータルームの入居者を募集しています。起業等のチャレンジを計画されている方は、是非お問い合わせください。
【お問い合わせ】函館市産業支援センター(℡0138-34-2561)

(写真左)インキュベータルーム (写真右)コミュニティーホール

トピックス(H2209)

地産地食料理レシピコンテスト

●地元食材を使った地産地食料理●
開催日:7月17日(土)  場所:函館短期大学付設調理師専門学校
地元食材「がごめ昆布」「たまふくら大豆」「王様しいたけ」「ほっき貝」の普及を目的に、「料理レシピコンテスト」を開催し、創作料理に挑戦していただきました。応募総数45件の独創性あふれるレシピの中から、食材の活用方法、おいしさ、作りやすさ、オリジナリティ、ネーミング等が評価され、草島美咲さんの作品が最優秀賞に選ばれました。
また、「夢をかなえる北海道食材」と題してクッキングキャスター 星澤幸子氏による基調講演が行われ、豊かな人生を過ごすために「食べること」の意味を見直す必要性をお話いただきました。

受賞者は、次のとおりです。
【最優秀賞】   草島美咲 さん   王様しいたけ和風ハンバーグ
【優秀賞】    田嶋和湖 さん   もちもち・たまふくら
【優秀賞】    細坪あずさ さん  とうふハンバーグ

王様しいたけ和風ハンバーグ

(写真左)公開審査会の様子 (写真右)最優秀賞 草島 美咲さん

基調講演 星澤 幸子 氏

わくわくサイエンスツアー 〜実験と工場見学〜

●ワクワク実験、ドキドキ工場見学●
開催日:7月28日(水)  場所:北海道立工業技術センター
講 師:市立函館高等学校 渡辺儀輝 氏
次代の日本を担う青少年を対象に、楽しみながら科学に接する「科学実験講座」と「ものづくり企業見学会」を開催し、17組の親子38名が参加しました。「ツブツブをつくろう」「スライムをつくって有機化学の世界へ」「シャボンとナイロンの共通点」の実験を行いました。参加者は歓声をあげ、わくわく・ドキドキしながら科学のふしぎを体験しました。午後は、バスの中で塩辛の歴史などクイズ問題を楽しみながら、市内日乃出町にある有限会社マルナマ食品の工場を訪れ、塩辛、イカ刺し、イカ飯の製造工程を見学しました。
(写真左)講師 渡辺儀輝 氏 (写真右)科学実験の様子

参加者全員で記念写真

展示会に出展「第6回はこだて水産食品展示フェア」

●各社自慢の新製品が勢揃い!函館の味がここに集結●
開催日:6月23日(水)  場所:函館市水産物地方卸売市場

展示フェアは、函館発の水産加工品を量販店のバイヤーなどに広く紹介することを目的として、函館市、函館特産食品工業協同組合、全国いか加工業協同組合函館支部による「はこだて水産食品展示フェア実行委員会」が主催したもので、43の企業や団体が参加し、函館地域で製造されている水産食品が一堂に集められました。
函館地域産業振興財団は、地域資源の活用を目指した研究活動と地元企業などと共同開発した商品を展示、紹介しました。

第6回はこだて水産食品展示フェアの様子

北洋銀行・帯広信用金庫インフォメーションバザール in Tokyo 2010

●大規模商談会●
開催日:9月2日(木) 3日(金) 場所:池袋サンシャインシティワールドインポートマート
この展示会は、道産食品を首都圏に向けて紹介し、首都圏市場における販売ルートの開拓や販路拡大を目指す実践的な商談会であり、商品開発に向けたニーズ収集、首都圏バイヤーとのネットワーク構築など即戦力となる商談会です。
当財団は、居酒屋根ぼっけ、㈱天狗堂宝船、㈱中山薬品商会の出展を支援しました。

財団法人函館地域産業振興財団ブースの様子

機能性食品・化粧品ビジネスマッチングin札幌2010

●「売りたい」「買いたい」企業が集結するB to Bマッチング商談会●
開催日:9月9日(木)  場所:札幌パークホテル
近年、健康・美容志向の高まりを受けて、機能性食品・化粧品ビジネスの市場が拡大していますが、本ビジネスの発展のために、機能性食品・化粧品関連素材・商品の「宝庫」北海道・札幌に、全国から素材開発、サプリ、化粧品製造企業などの「売りたい企業」とドラックストア、通信会社、商社などの「買いたい企業」が集結する「B to Bマッチング商談会」が開催されました。
当財団は、ガゴメ昆布など地域の特徴的な水産資源の有効利用として研究開発された商品を展示、紹介しました。

会場の様子

「トピックス(H2209)」カテゴリーの記事一覧へ »