研究開発

地域企業・大学・産業支援機関の連携による研究開発で「技術の高度化」「地域産業の競争力強化」などに貢献しています。

外部資金研究

革新的技術開発・緊急展開事業(うち地域戦略プロジェクト)

 国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構生物系特定産業技術研究支援センターの委託事業で、農林水産省が定める「農林水産研究基本計画」に則しつつ、民間企業、大学、国立研究開発法人、都道府県の試験場、地方独立行政法人等による生物系特定産業技術に関する研究開発を支援するもので、速やかに地域の競争力強化を図ることを目的として、実用化段階にある研究成果を組み合わせて革新的な技術体系を確立するために現場で実施する実証研究等を以下のテーマで実施した。

「定置網漁獲物のシームレスなスーパーチリング高鮮度流通体系の構築・実証と各種漁業への展開」

革新的技術開発・緊急展開事業(経営体強化)

国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構生物系特定産業技術研究支援センターの委託事業で、「総合的なTPP等関連政策大綱」に則し新たな国際環境の下、農林水産物・食品の輸出や外国産との差別化、現場の更なる生産性の向上等を可能にし、農林漁業経営体の所得を向上させる技術を生み出し、確実に農林水産業等の現場に実装することで、農林漁業経営体の技術力を向上させることを目的とする。研究勢力を結集し、農林漁業経営体の参画の下、現場での技術実証を踏まえた技術開発を以下のテーマで実施した。

「国産スターターを用いたブランドチーズ製造技術の開発」

イノベーション創出研究支援事業

 (公財)北海道科学技術総合振興センターの補助事業で、北海道科学技術振興計画において特に推進する重点化プロジェクトに定める分野および北海道における地域の課題解決・地域振興・地域資源の活用に関する産学官共同研究や事業化を志向する基礎的・先導的な研究に対する支援を目的としている。本年度は、以下のテーマで事業を実施した。

「短期蓄養により「痩せウニ」から商品価値を生み出す人工餌料の開発」

研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP)

 A-STEPは大学・公的研究機関等で生まれた国民経済上重要な科学技術に関する研究成果を基にした実用化を目指す研究開発フェーズを対象とした技術移転支援プログラムで、大学等の研究成果(学のシーズ)を企業の視点(産のニーズ)で掘り起こし、実用化の可能性を検証する研究開発の初期フェーズから、実用化に不可欠な中核的技術の構築を行う中期フェーズ、さらには製品化に向けた実証試験を行うための企業化開発を実施する後期フェーズまで、それぞれの研究開発フェーズの特性に応じた複数の支援タイプにより実施した。当財団は産学協同フェーズのシーズ育成タイプ事業に参加し、以下のテーマで事業を実施した。

「国内最大の水産系未利用資源であるホタテガイ内臓を原材料としたEPA・DHA含有ホタテオイルの開発」

地域産学バリュープログラム

 国立研究開発法人科学技術振興機構の委託事業で、大学・公的研究機関等で生まれた国民経済上重要な科学技術に関する研究成果を実用化することにより、社会へ還元することを目指す技術移転支援プログラムである。本年度は、以下のテーマで事業を実施した。

「海藻油製造技術の開発と機能評価」

参入促進支援事業(地域のものづくり技術力向上)

 北海道の補助事業で、地域のものづくり企業に対して自動車・食関連機械分野への参入促進を支援するとともに、安定的かつ良質な雇用の創造を図ることを目的とし、以下の事業を実施した。

・地域マネージメント事業
 地域のものづくり企業に対し、地域支援マネージャー(当財団研究員代行)による基盤技術の高度化、製品化研究、製品改良、生産工程・設備保全技術の改善・効率化等に関するニーズや課題の把握、改善に向けたマネージメントを実施し、次にこれらの課題解決に向け、当財団研究員及び外部機関の 専門家による技術支援等を実施した。

道産機能性素材研究開発推進事業

 道産機能性素材研究開発推進事業受託コンソーシアムが北海道から委託された事業で、道産機能性素材の発掘・開発に向けて、検討の初期段階として、文献・データベース・現地調査等の手法により有望な機能性素材についての情報収集、性質・効能等に関する基礎評価、食品中間原料としての機能性素材の形態・規格に係る基礎検討、ヒト試験に向けた安全性、プラセボおよび試験について検討した。

新たな種類のJAS調査委託事業

 規格・認証は、産品や事業者の品質、技術、取組の内容を「見える化」するものであり、特に、食文化や商慣行が異なる海外市場において、その産品を知らない取引相手に品質や特色を訴求するには、戦略的な規格・認証の制定・活用が重要となる。我が国農林水産業・食品産業の競争力強化を図るため、強みのアピールにつながる多様なJASの制定・国際化に向けた技術的なデータの収集、検討・調整、規格素案の作成を行う農林水産省の事業を、以下のテーマで実施した。

「生鮮魚介類の鮮度指標、及び測定方法に関するJAS規格策定にむけた調査」