研究開発

地域企業・大学・産業支援機関の連携による研究開発で「技術の高度化」「地域産業の競争力強化」などに貢献しています。

外部資金研究

革新的技術開発・緊急展開事業(経営体強化)

 国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構生物系特定産業技術研究支援センターの委託事業で、「総合的なTPP等関連政策大綱」に即し新たな国際環境の下で、農林水産物・食品の輸出や外国産との差別化、現場の更なる生産性の向上等を可能にし、農林漁業経営体の所得を向上させる技術を生み出し、確実に農林水産業等の現場に実装することで、農林漁業経営体の技術力を向上させることを目的とする。研究勢力を結集し、農林漁業経営体の参画の下、現場での技術実証を踏まえた技術開発を以下のテーマで事業を実施した。

「国産スターターを用いた地域ブランドナチュラルチーズ製造技術の開発」

研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP)

 A-STEPは、大学・公的研究機関等で生まれた国民経済上重要な科学技術に関する研究成果を基にした、実用化を目指す研究開発フェーズを対象とした技術移転支援プログラムです。大学等の研究成果(学のシーズ)を企業の視点(産のニーズ)で掘り起こし、実用化の可能性を検証する研究開発の初期フェーズから、実用化に不可欠な中核的技術の構築を行う中期フェーズ、さらには製品化に向けた実証試験を行うための企業化開発を実施する後期フェーズまで、それぞれの研究開発フェーズの特性に応じた複数の支援タイプにより実施した。当財団は産学協同フェーズのシーズ育成タイプ事業に参加し、以下のテーマで事業を実施した。

「国内最大の水産系未利用資源であるホタテガイ内臓を原材料としたEPA・DHA含有ホタテオイルの開発」

先端技術の導入支援等による地域企業生産性向上事業

 北海道の補助事業で、IoT、ロボティクスをはじめとした先端技術等の導入・応用について、ものづくり企業など機械器具の製造側と食品製造業などのユーザー側を一体的に支援するとともに、地域企業の生産性向上と、良質で安定的な雇用の創造を図ることを目的とし、事業を実施した。
地域企業に対し、技術力生産性向上マネージャー(当財団研究職員)による基盤技術の高度化、製品化研究、製品改良、生産工程・設備保全技術の改善・効率化等生産性の向上に関するニーズや課題の把握、改善に向けたマネージメントを実施し、次にこれらの課題解決に向け、当財団研究員及び外部機関の専門家による技術支援等を実施した。

戦略的基盤技術高度化支援事業

 経済産業省中小企業庁が実施する補助事業で、中小ものづくり高度化法による特定研究開発等計画の認定又は地域未来投資促進法による地域経済牽引事業計画の承認を受けた中小企業・小規模事業者による、中小ものづくり高度化法に基づく12技術分野の向上につながる研究開発、その試作等の取組を支援することを目的としている。中小企業・小規模事業者が大学・公設試等の研究機関等と連携して行う、製品化につながる可能性の高い研究開発、試作品開発等及び販路開拓への取組として、本年度は、以下のテーマで事業を実施した。

「ウニの実入改善を実現する海藻等未利用バイオマス再資源化と利用技術の確立」

養殖業成長産業化技術開発事業

 水産庁の委託事業で、我が国の養殖業の成長産業化に向けて、魚類養殖のコスト低減技術の実証と高効率飼料の開発、養殖魚類生産性向上に必要な生産技術の高度化と優良系統の作出、さらに、輸出拡大を促進するための養殖魚類の品質保持技術の実用化に向けた技術開発等を行うことを目的とする。当財団は、本事業の水産物品質保持技術を北海道産天然ブリに応用するため、以下のテーマで事業を実施した。

「酸素充填解凍を用いた生鮮用冷凍水産物の高品質化技術開発」

札幌ライフサイエンス産業活性化事業

公益財団法人北海道科学技術総合振興センター(ノーステック財団)の補助事業。産学連携・医工連携によるライフサイエンス分野、特に創薬、再生医療、医療機器、機能性食品・化粧品の開発などで、将来的な実用化・事業化を目指す研究開発の事業化を促進し、札幌市の産業を活性化することを目的としている。本年度は、以下のテーマで事業を実施した。

「認知症予防の「二つの作用点」に「一つの食材」でアプローチする」

イノベーション創出研究支援事業

 公益財団法人北海道科学技術総合振興センター(ノーステック財団)の補助事業。新北海道科学技術振興戦略に定める地域イノベーション創出に向けた取組みを展開する分野や北海道における地域の課題解決・地域振興・地域資源の活用に関する産学官共同研究や事業化を志向する基礎的・先導的な研究に対する支援を目的としている。本年度は、以下のテーマで事業を実施した。

「北方系海藻の通年収穫を目的とした陸上栽培技術の開発」

分散型エレクトロルミネッセンス素子の特性評価と応用技術開発

 一般財団法人荒井芳男記念財団の研究助成事業で、ゴムなどの材料、成形加工、評価法、機械要素設計、製品化技術などに関連する分野の研究に携わる若手研究者等を支援することにより、科学技術の振興を図り、もって社会経済の発展に寄与することを目的としている。

函館産ブリの分析(評価・解析)

 渡島総合振興局からの依頼により実施した事業で、函館産ブリの漁獲時期・サイズ別の脂肪分を測定し、その品質特性を把握することで、品質特性を生かした販売や加工利用を促進するほか、鮮度評価やヒスタミン検査を実施し、その検査結果を生産・加工流通段階での品質管理に活用することで、生産者や加工業者のブリ加工に対する不安を払拭し、函館産ブリの新規商品開発や消費拡大の推進を図る。

新たな種類のJAS調査委託事業

 規格・認証は、産品や事業者の品質、技術、取組の内容を「見える化」するものであり、特に、食文化や商慣行が異なる海外市場において、その産品を知らない取引相手に品質や特色を訴求するには、戦略的な規格・認証の制定・活用が重要となる。農林水産省では、我が国農林水産業・食品産業の競争力強化を図るため、強みのアピールにつながる多様なJASの制定・国際化に向けた技術的なデータの収集、検討・調整、規格素案の作成を行う事業を民間団体等に委託し、本年度は以下のテーマで事業を実施した。

「生鮮魚介類の新鮮度の試験法、検査法、および高品位出荷プロセスのJAS規格化に向けた調査」

北海道AI・IoTオープンイノベーション・プラットフォーム構築事業

 経済産業省の補助事業で、公立はこだて未来大学と道立工業技術センターが連携・協力し、AI・IoT機器開発支援に取り組み、道内企業の稼ぐ力を高め、北海道経済の持続的発展の実現を目指します。工業技術センターではIoT関連試験評価機器(EMIテストレシーバー、振動試験機等8機種)を整備し、道内中小企業のAI・IoT機器開発の能力の向上を促進するとともに、機器の有効活用を図るための人材育成研修を7件実施した。