ご案内情報

「プリント基板作成研修」開催のご案内

No. / 2019年11月18日

公立はこだて未来大学と北海道立工業技術センターは、AI・IoT分野の機器開発・研究開発に必要となる試験・評価・研究機器を一体的に整備し、ものづくり企業のIoT機器等の開発やビッグデータ収集、AI技術の活用に向けた技術者育成、水産業・食品加工・観光・物流等の各分野関連企業へのシミュレーション支援といった包括的な支援を行うプラットフォームを開設しました。

北海道立工業技術センターに導入された機器の使用・活用技術の習得や、地域企業による共同利用の促進を図るため、研修会を開催します。

プリント基板作成研修

■開催概要

日時:令和元年11月27日(水)13:00~17:00

場所:北海道立工業技術センター 研修室(函館市桔梗町379番地)

講師:ミッツ(株) 並木 佑馬 氏

北海道立工業技術センター 村田 政隆

■プログラム

〇座学 設計から実装までの工程概要

パターン設計技術/プリント基板作成技術

〇実技 プリント基板作成

定員:20名(先着順、参加費無料)

主催:北海道

参加申込書はこちらから

申込方法等

必要事項を参加申込書に記載のうえ、下記あてにE-mailまたはFAXにて申込み

北海道経済部科学技術振興局 科学技術振興室 技術支援グループ 眞鍋

TEL:011-206-6478  FAX:011-232-1063

E-mail:keizai.kagi@pref.hokkaido.lg.jp

 

「表面形状測定器活用研修」開催のご案内

No. / 2019年11月07日

公立はこだて未来大学と北海道立工業技術センターは、AI・IoT分野の機器開発・研究開発に必要となる試験・評価・研究機器を一体的に整備し、ものづくり企業のIoT機器等の開発やビッグデータ収集、AI技術の活用に向けた技術者育成、水産業・食品加工・観光・物流等の各分野関連企業へのシミュレーション支援といった包括的な支援を行うプラットフォームを開設しました。

北海道立工業技術センターに導入された機器の使用・活用技術の習得や、地域企業による共同利用の促進を図るため、研修会を開催します。

(1)表面形状測定活用研修

■開催概要

日時:令和元年11月13日(水)13:30~16:00

場所:北海道立工業技術センター 研修室(函館市桔梗町379番地)

講師:(株)アルバック 規格品事業部 メカトロ部 桜井 貞雄 氏

■プログラム

〇座学 表面形状測定器の種類と用途

触針式表面形状測定器の原理と特長

測定事例の紹介(段差、粗さ、うねり、3D形状等)

〇実技 機器の概要、操作方法、測定/解析方法(標準試料、実サンプルにて)

定員:10名(先着順、参加費無料)

主催:北海道

参加申込書はこちらから

(2)申込方法等

必要事項を参加申込書に記載のうえ、下記あてにE-mailまたはFAXにて申込み

北海道経済部科学技術振興局 科学技術振興室 技術支援グループ 眞鍋

TEL:011-206-6478  FAX:011-232-1063

E-mail:keizai.kagi@pref.hokkaido.lg.jp

 

「最新の冷蔵・冷凍技術の動向~食品の高品質・長期保存に向けて~」開催のご案内

No. / 2019年11月06日

 

メーカーから一般家庭まで冷凍庫、冷蔵庫が普及した現在、食品加工の保存で冷蔵・冷凍技術は欠かせない技術です。特に冷凍は安定して長期保存するための手段となっており、冷凍食品も広く普及しています。また、冷蔵庫も短期保存するだけでなく、解凍時にも使用されるなど冷蔵・冷凍を組み合わせて使われる状況も増えています。

そこで、今回は冷蔵・冷凍について、三菱電機エンジニアリングより貴志 幸司氏をお招きし、冷蔵・冷凍技術の最新動向~食品の高品質・長期保存に向けて~と題し食品の冷蔵・冷凍技術について事例を交えながら詳しくお話しいただきます。

食品の冷凍、冷蔵についてご興味のある方はどなたでも受講できます。この機会に是非ご参加ください。

日時:令和元年11月28日(木)14:00~16:00

会場:北海道立工業技術センター 会議室(函館市桔梗町379番地)

講師:三菱電機エンジニアリング株式会社 和歌山事業所 空調冷熱SE部 空調冷熱SE第一課 貴志 幸司 氏

定員:30名程度 ※受講料は無料

申込締切:令和元年11月25日(月)

申込先:財団 研究開発部 研究支援課 杉崎まで

TEL:0138-34-2600 FAX:0138-34-2602

E-mail:sugisaki@techakodate.or.jp (研究支援課 杉崎 行)

申込及び内容についてはこちらをご覧ください。

 

令和元年度「実践創業塾」受講生募集のお知らせ

No. / 2019年11月01日

【 特定創業支援事業 】

これまで数多くの起業家を育成した実績のある専門家による講義・演習、個別相談を受けることができる実践創業塾を開催します!

これから創業する方、創業後間もない方、新事業展開等をお考えの企業の方。

ご自身の事業計画を見つめなおしてみませんか?

みなさまの事業を成功に導く実践創業塾の詳細は次のとおりです。

(前期課程: 講義・演習 )

令和2年1月23日(木) 9:00~17:30(講義後、交流会あり)

令和2年1月24日(金) 9:00~17:30

(ブラッシュアップ期間)

後期課程までの期間でブラッシュアップされた事業計画について

講師がメールにて相談対応のほか、財団専門員が個別相談いたします。

(後期課程: 個別事業相談 )

令和2年2月27日(木)または28日(金)

※ 個別事業相談は、いずれか1日、1時間程度です。

(会場)

函館市産業支援センター(函館市桔梗町379番地)

(募集内容)

対象者:函館地域で創業を予定している方、創業間もない方、新事業展開等を考える企業経営者・企画担当者

募集期間:令和元年11月1日(金)~令和2年1月16日(木)

募集人数: 15名

申込方法: 下記URLの入力フォームに事業計画書を添付のうえ送信いただくか、所定の参加申込書に事業計画書を添付してE-mailまたは持参により申込みください。

Email:staff_s01@techakodate.or.jp

各種様式: 募集案内参加申込書事業計画書事業計画書(記載例)

入力フォーム:http://www.techakodate.or.jp/sangyou/newsup/jissen-so-gyo-juku2019

/

「標準化セミナーin函館」開催のご案内

No. / 2019年10月30日

新興国の台頭、AIやIoT等の技術の進展、業種を超えた製品・サービス提供の拡大など、企業の競争環境は劇的に変化しています。そのような状況にあって、日本企業による市場の創出や競争力強化に向け、標準化を含むルール形成に積極的に取り組むことも重要な要素となってきています。

本セミナーでは、標準化官民戦略に基づき創設された「新市場創造型標準化制度」、食品安全の管理手法として、世界基準にも位置付けられている「HACCP」の必要性、メリット等について、皆様に知っていただくため、函館市にてセミナーを企画しました。皆様の聴講をお待ちしております。

日時:令和元年11月13日(水)13:30~15:30

会場:北海道立工業技術センター 会議室(函館市桔梗町379番地)

プログラム:「標準化の重要性と新市場創造型標準化制度~水産業への応用等について~」

日本規格協会 標準化アドバイザー 渡邉 道彦 氏

「道南地域としてのHCCAPの必要性、メリット、事例等」

渡島総合振興局保健環境部保健行政室生活衛生課 技術主幹 通山 志保 氏

 

申込方法:申込フォーム・お電話・FAXのいずれか

お問合せ:R&Bパーク札幌大通サテライト/HiNT

TEL:011-219-3359 FAX:011-219-3351 Email:info@hint-sapporo.jp

申込フォームおよび詳細はこちらから

 

 

「スマートものづくり導入促進フォーラムin函館」の開催について

No. / 2019年10月29日

この度は、人手不足でお悩みの各種製造業の皆様を対象に、スマート化による課題解決策をご提案するイベントを開催いたします。

ロボット・IoTで効率化・省力化する手段や、生産工程の省力化に役立つロボット・IoTの導入手法、事例展示をご紹介します。

出展企業へお気軽に相談いただける機会ですので、スマート化に関心をお持ちの企業様は是非ご来場ください。

日時:令和元年11月27日(水)13:00~17:30

会場:ホテル函館ロイヤル(函館市大森町16-9)

プログラム:

セミナー(13:00~15:40)

〇基調講演

「AIの進展とロボット応用の動向」公立大学法人公立はこだて未来大学 教授 鈴木 恵二 氏

「食品産業を主としたロボット導入による生産性向上と省力化事例」一般社団法人日本ロボット工業会 事務局長 矢内 重章 氏

〇スマート化事例紹介

「地元に根付いたロボット事業の展開」株式会社メデック 代表取締役 漆嵜 照政 氏

「パイオニアジャパングループが取組む最先端設備導入への挑戦」株式会社コスモジャパン 代表取締役 小林 惣 氏

展示会・商談会(13:00~17:00)

ロボットメーカーと道内SIerが人手不足対策・生産性向上を実現するためのヒントを提供いたします。

(出展企業)(株)エコニクス、(株)デンソーウェーブ、(株)ニッコー、三菱電機(株)、美和電機工業(株)、

(株)メデック、(株)安川メカトレック、菱電商事(株)、(株)ロボテック、(公財)函館地域産業振興財団ほか

申込方法:参加申込書を記載のうえ、下記の申込先へFAX又はEmailにて送付願います。(申込締切は11/20まで)

申込先:ノーステック財団クラスター事業部(担当:桑田・氣境)

TEL:011-708-6526 FAX:011-747-1911 Email:hcluster@noastec.jp

参加申込書はこちらから

 

 

2019年度 各種助成事業募集のご案内

No. / 2019年04月05日

当財団では、2019年度の各種助成事業の募集を開始しました。

対象は、函館地域(函館市、北斗市、七飯町)内で製造業及びソフトウェア業を営んでおり、新技術・新製品の開発等を行っている企業などの方です。

●受付期間

研究開発助成事業及び起業化助成事業

2019年4月1日(月)から2019年5月17日(金)まで

詳細はこちらのページ

その他の助成事業等は随時募集していますが、予算に限りのあるものもございますのでお問い合わせください。

●詳しい内容、問い合わせ先
当財団ホームページ
<http://www.techakodate.or.jp/zaidan/ >
産業支援課(電話0138-34-2600 担当:金澤、鈴木)までご照会ください。

 

北海道立工業技術センター利用者満足度調査結果の公開について

No. / 2019年03月11日

北海道立工業技術センターの管理に関する協定書第21条に基づき実施した北海道立工業技術センターに係る利用者満足度調査結果を同条第3項の規定に基づき公開します。

1 調査方法

アンケート調査(回答は任意)

 

2 調査対象期間

平成30年11月1日から平成31年2月28日まで

 

3 調査対象者

調査対象期間における北海道立工業技術センターの会議室・研修室又は試験研究機器の使用者

 

4 回答者数

3名

 

5 アンケートの集計結果