HITECニュース

展示会に出展

北洋銀行・帯広信用金庫『インフォメーションバザール in Tokyo 2012』

●食と観光のコラボレーション●

開催日:9月12日(木)~13日(金)
場 所:池袋サンシャインシティーワールドインポートマートビル

北洋銀行・帯広信用金庫が主催する『インフォメーションバザール in Tokyo 2012』に地域企業の首都圏市場における販売ルートの開拓や販路拡大を目指す本商談会に地域企業を支援するために出展を行いました。
(株)だるま食品本舗の納豆とタマフクラ枝豆、新製品のがごめの滴のPRと試食品の提供、(株)天狗堂宝船のきびだんご関連商品のPRと試食品の提供を行いました。来場したバイヤーから、製品のデザイン、食味、価格等多数の意見やアドバイスを伺うことができ、首都圏市場の販路拡大に期待が持てる商談会でした。

■■■■■(株)だるま食品本舗ホームページはこちらから■■■■■

■■■■■(株)天狗堂宝船ホームページはこちらから■■■■■

(写真)「函館」コーナーの様子

 

 

食品開発展2012

●食品の機能性と安全性情報を一堂に!●

開催日:10月3日(水)~5日(金)
場 所:東京ビッグサイト

「食品開発展2012」は、食品分野の研究開発、品質保証、製造技術担当者向けの専門展示会で、アジア最大の技術展です。当財団も、(公財)北海道科学技術総合支援センターが推進する北海道バイオ産業クラスター・フォーラムと連携して、北海道、札幌市、(財)十勝圏振興機構等とともに北海道ブースに出展し、主に函館マリンバイオクラスターで開発された商品の展示を行い、クラスターの研究開発成果の普及に努めました。来場者の方々は、がごめ関連の商品、初摘み昆布の商品、ホタテ貝殻の発色展示などへの関心も高く、フコキサンチンなど海藻の機能性成分にも関心を示す人が多く、海藻の食品開発の今後の発展の可能性を感じました。

(写真)食品開発展の様子

 

 

 

ビジネスEXPO 「第26回 北海道技術・ビジネス交流会」

●北海道 価値創造 ~つなぐ力で未来へ~●

開催日:11月8日(木)~9日(金)
場 所:アクセスサッポロ

「北海道 技術・ビジネス交流会」は、1987年の第1回開催以来、今年で第26回目を迎え、全道のみならず全国に情報発信する北海道最大級のイベントです。様々な組織体・企業、技術、商品などにスポットを当てることにより、北海道の本当の価値を引き出し、磨き、発信しています。当財団は、「はこだて21ビジネス交流ゾーン」として函館地域の企業14社と函館市産業支援センターと共に出展し、来場者の皆様に展示品の説明、試食などをして頂きました。
【はこだて21ビジネス交流ゾーン出展企業】 五十音順

◆ALIVE株式会社
家族みんなでがごめでトローリ♪ごはんにお吸い物!

◆株式会社エルフィン
省エネ・低コストを目指す部分EL vol.2

◆合同会社オーガニックケルプ
無添加・無化学調味料のシーズニングソルトほか

◆株式会社カドック
当社は自然環境を考えるエコロジーカンパニーです。

◆株式会社グローバル・コミュニケーション
「ペン」でつながる。「書いて」つながる。

◆株式会社駒ヶ岳ファーム大久保
農場から食卓へ~安全・安心をお届けしたい

◆株式会社コムテック2000
可視光通信による新セキュリティ及びコンテンツ転送

◆株式会社ジャスト・ワン
みんなが幸せになれるエコを目指して

◆昭和製菓株式会社
北海道産原料を使用し安心とおいしさをお届けする

◆有限会社仁光電機商会
光を有効活用してより便利にそしてより効率的にエコを考える

◆函館酸素株式会社
液化窒素を利用した急速凍結装置

◆函館ラバープロダクツ研究所
工業用ゴム部品の総合コンサルタント

◆有限会社パテントワークス
最新の技術を追い求めるPATENTWORKS

◆株式会社丸豆岡田製麺
昭和40年代の懐かしい函館マメさんラーメン

(写真)多くの来場者で賑わったはこだて21ビジネス交流ゾーンの様子

 

函館マリンバイオクラスターは、「地域創造ビジネス展示ゾーン」に「ほっかいどうバイオクラスター・トライアングル」と称して、北大リサーチ&ビジネスパーク地域イノベーション戦略推進事業、十勝地域アグリ・バイオクラスターと共に出展しました。海を生産システムとしてとらえたバイオクラスターの研究内容の紹介と共に、最新の成果品を中心に展示し、試食品も提供しました。

(写真)函館マリンバイオクラスターのブースの様子