HITECニュース

海外出張報告

出張者 : 研究開発部 食産業技術支援グループ 研究主査 木下康宣
訪問先 : バリ(インドネシア)
日 程 : 平成25年4月20日(土)~4月27日(土)

第21回 International Seaweed Symposiumに参加し、「地域イノベーション戦略支援プログラム(グローバル型)」にて開発した褐藻の品質評価技術に係わる成果を公表し、その普及を図り、関連技術の研究状況調査のためバリを訪問しました。
第21回International Seaweed Symposiumは、世界50カ国からおよそ1,000名が参加しました。参加者は、政府・大学・企業などの研究者のみならず、海藻の生産や食品・工業製品への利用を行っている企業の方も多く、藻類の利用に係わる活発な議論が行われました。
今回、ポスターセッションにて成果の公表を行いましたが、評価法の産業利用、海藻の保存性を高めるための要素、褐藻以外の海藻の評価技術などについての質疑を受け、関連研究者の注目内容を把握することができたと同時に、提案する技術の普及、啓発を進めることができ、大変有意義でした。また、会期中日にエクスカージョンが企画され、海藻の養殖環境が視察できるコースに参加し海藻生産の関連技術を調査しました。海藻利用では、環境に負荷をかけない持続的生産が注目されており、地理的環境の活用も今後の重要な要素の一つであることを学びました。今後の取り組みのなかで、さらなる商材開発に求められる知見収集を進めていきたいと考えています。

(写真左)ポスター発表中の木下研究員(右) (写真右)バリの海藻養殖の様子