HITECニュース

株式会社北洋銀行函館中央支店と連携協定を締結

平成26年1月22日(水)、株式会社北洋銀行函館中央支店と公益財団法人函館地域産業振興財団は事業連携に関する協定を締結しました。

1.連携協定の目的

 株式会社北洋銀行函館中央支店と公益財団法人函館地域産業振興財団は、相互に連携・協力することにより、函館地域の産業発展および経済活性化に寄与することを目的とする。

2.連携・協力事項

株式会社北洋銀行函館中央支店ならびに函館ブロック13ケ店と公益財団法人函館地域産業振興財団は、上記1の目的を達成するため、次に掲げる事項について、連携・協力する。

(1)食品加工業を含むものづくり企業への支援に関すること

(2)中小企業等の研究開発・技術相談に関すること

(3)情報の提供に関すること

(4)展示会・商談会等イベントに関すること

(5)産学官金連携に関すること

(6)その他、双方協議により定めたこと

3.連携・協力のイメージ

 北洋銀行が持つ店舗網を活かした金融や経営面に関するノウハウやツール、財団の持つ研究・技術支援機能や研究成果等のシーズなど、両者の強みを活かした効果的な取組を連携・協力して実施することにより、函館地域内の企業が持つ課題を解決し、経営基盤の強化、技術移転の促進などに寄与する。

(写真左)(株)北洋銀行函館中央支店 執行役員支店長 東原幸生氏

(写真右)(公財)函館地域産業振興財団 理事長 松本榮一