HITECニュース

こんなことができます。

超微粒子の粒子径測定、粒子径分布測定を行うことができます。

レーザードップラ式粒度分布測定装置

 (日機装株式会社 マイクロトラック粒子径分布測定装置UPA 150)

 

 この装置は、水などの液体に分散した粒子にレーザー光を照射し、その反射光を検知することによって粒子の粒径、粒度分布測定が測定でき、希薄濃度でも高精度で測定することが可能です。用途は、IT産業、液晶顔料、プリンター、コロイド粒子等を扱う産業分野で有機材料・高分子材料・金属材料などの主に3~6,500nmの粉体の計測に用います。なお、本装置は平成17年度文部科学省 都市エリア産学官連携促進事業費で設置されました。

【仕様】 ●測定範囲:3~6,500nm 

 

※ご興味のある方は、研究開発部 応用技術支援グループ 小林までご連絡ください。

 ℡ (0138)34-2600

             (写真)レーザードップラ式粒度分布測定装置