HITECニュース

研修会開催

経済産業省平成25年度補正予算「地域オープンイノベーション促進事業」

導入設備機器の普及・技術セミナーin函館

日 時:平成27年1月22日(木)13:30~17:00

    平成27年1月27日(火)14:00~17:00

場 所:北海道立工業技術センター 会議室

参加者:31名(22日)

    18名(27日)

 平成25年度補正予算「地域オープンイノベーション促進事業」において、北海道内の公設試験研究機関に整備する食関連分野に係る設備について、その周知を図り、多くの企業・研究機関の広域的な活用を促進するためにセミナーを開催しました。

【1月22日】

 北海道立工業技術センターに導入された「ガスクロマトグラフ質量分析装置」をご紹介し、装置を利活用した香り分析と商品開発について、第一線でご活躍される大学、公的機関の専門家の方々にご講演頂きました。

<セミナー内容>

・基調講演 「香りの分析と商品開発へのヒント」

      東京農業大学生物産業学部商品香粧学科 教授 藤森 嶺氏

・講演 「ガスクロマトグラフ質量分析装置の機能と活用方法」

   アジレント・テクノロジー株式会社 GC/MSスペシャリスト 佐久井徳広氏

・導入設備機器の利活用方法と計画

公益財団法人函館地域産業振興財団 研究開発部研究主任 鳥海 滋  

♦♦♦ガスクロマトグラフ質量分析装置についてはこちらから♦♦♦

※ご興味のある方は、研究開発部 食産業技術支援グループ 鳥海までご連絡ください。

 ℡ (0138)34-2600

(写真左)東京農業大学生物産業学部食品香粧学科 教授 藤森 嶺氏

(写真右)アジレント・テクノロジー(株)GC/MSスペシャリスト 佐久井徳広氏

             (写真)ガスクロマトグラフ質量分析装置の紹介

【1月27日】

 地域の農水産資源の有効活用を図るには、汎用性があり保存可能な一次加工素材を開発することが重要になります。今回、北海道立工業技術センターに導入された冷風乾燥機、ウィングミル、スーパーマスコロイダーといった「一次加工処理装置」について、装置の特徴・操作法、ならびに商品開発の可能性を加工実験を通して紹介しました。

<セミナー内容>

・導入設備機器の紹介【冷風乾燥機】

株式会社クールドライマシナリー 技術部 栁川修兵氏

・導入設備機器の紹介【ウィングミル】

三庄インダストリー株式会社 システム営業部主任 山本真也氏

・導入設備機器の紹介【スーパーマスコロイダー】

 増幸産業株式会社 営業部主任 金子一也氏

・導入設備機器の加工実験【冷風乾燥機・ウイングミル・スーパーマスコロイダー】

  

♦♦♦食品原料の一次処理装置システムについてはこちらから♦♦♦

※ご興味のある方は、研究開発部 食産業技術支援グループ 吉岡までご連絡ください。

 ℡ (0138)34-2600

(写真左)セミナーの様子 (写真右)冷風乾燥機の紹介

(写真左)ウィングミルの紹介 (写真右)スーパーマスコロイダーの紹介
  
   
   
   
   
   

 

平成26年度  JKA補助事業導入機器

「オシロスコープ」研修会

日 時:平成27年3月5日(木)13:00~16:30

場 所:北海道立工業技術センター 研修室

講 師:キーサイト・テクノロジー合同会社・電子計測本部

    ・アプリケーションエンジニアリング部門AE2部

     アプリケーションコンサルタント 長嶺銀河氏

    ・第三営業統括部 EDAソリューション部

     シニアアプリケーションエンジニア 佐々木広明氏

参加者:10名    

 

 工業技術センターでは、今年度のJKA補助事業によりオシロスコープを導入いたしました。そこで、キーサイト・テクノロジー合同会社(旧アジレント・テクノロジー)から長嶺銀河氏と佐々木広明氏をお招きし研修会を開催しました。前半では、導入機器1台とデモ機3台を使用しオシロスコープの基本的な操作方法と導入仕様の特徴を活かした操作に関する実技を行い、また、デモ機1台を使用したパワーアプリケーションについて実演を行いました。後半では、EMC関連技術として、オシロスコープとネットワークアナライザによる検証方法やシュミレーションに関する座学を実施しました。研修会終了後には参加者から導入仕様に関する質問など多数あり、大変有意義な研修会でした。

(写真)研修会の様子