HITECニュース

こんなことができます

におい・香りなどの揮発性成分を分析します。

ガスクロマトグラフ質量分析装置(GC-MS)

試料を気体状態にして装置に注入し、ガスクロマトグラフ(GC)で成分を分離し、質量分析装置(MS)で成分を同定します。揮発性が高く、熱に対して安定した物質の分析に適しています。食品素材のにおい・香りを活かした高付加価値製品の開発や、異臭問題の原因物質特定などの品質評価・管理に有効です。なお、本装置は経済産業省・平成25年度補正予算「地域オープンイノベーション促進事業」で設置されました。

装置構成

・ガスクロマトグラフ:Agilent 7890B

・質量分析装置:Agilent 5977

・オートサンプラ:Gerstel MPS2 XL(液体注入法/ヘッドスペース法/SPME法)

・スニッフィングポート:Gerstel ODP 3

【お問い合わせ】 研究開発部食産業技術支援グループ 鳥海 ℡(0138)34-2600

             (写真)ガスクロマトグラフ質量分析装置(GC-MS)