HITECニュース

こんなことができます

工業材料の成分を簡便・迅速に分析することができます。

蛍光X線分析装置(島津製作所、XRF-1700)

蛍光X線分析装置は、金属やセラミックスなどの工業材料の成分を、簡便・迅速に分析することができる装置です。本分析法の原理ですが、先ず分析したい試料表面にX線を照射し、試料に含まれる元素から特有の蛍光X線(特性X線)を発生させます。このX線を、分光結晶を用いて各波長成分に分解し、検出器を使って計測することで、試料に含まれる元素を特定し、更にその強度から、どれくらいの量が含まれているかを推定することができます。非破壊で分析を行うため、分析後に試料を返却できるので、試料が一個しかないような場合の分析に適しています。一方、本分析法で得られる成分情報は、試料表面に限られ、また試料を専用ホルダーにセットすることから、試料サイズにも制限があります。本装置は、機械金属、造船、電子部品など、ものづくり系企業の強力な支援ツールですが、その他、食品分野の異物相談にも役立ちます。

【主な仕様】X線管 Rh、検出元素 4Be~92U

【お問い合わせ】研究開発部ものづくり技術支援グループ 下野 ℡(0138)34-2600

使用料金は、北海道立工業技術センターホームページ機器・設備一覧(使用料)をご覧ください。


(写真)蛍光X線分析装置