HITECニュース

研修会開催

水素エネルギーに関する技術開発動向

日 時:平成29年10月4日(水)14:30~17:00

場 所:北海道立工業技術センター会議室

参加者:29名

講 師:国立研究開発法人産業技術総合研究所 創エネルギー研究部門エネルギー触媒技術グループ長 高木英行氏

 

北海道では、地球温暖化対策を推進するために、平成28年度に「北海道水素社会実現戦略ビジョン」を策定するなど、水素社会の形成に向けた取り組みがスタートしました。このビジョンでは、各地域の特徴を活かした北海道全体の水素社会のあり方を示し、再生可能エネルギーにより製造される水素の利活用を進めるため、今後北海道が目指すべき方向性や施策の展開が示されています。こうした現状を踏まえ、函館地域でも今後の技術開発及びビジネス展開に発展させていきたいという狙いで、国立研究開発法人産業技術総合研究所 創エネルギー研究部門エネルギー触媒技術グループ長 高木英行氏をお招きして研修会を開催しました。前半の部では、「エネルギー基本計画」および「水素・燃料電池戦略ロードマップ」を中心にご説明頂き、後半の部では、水素の製造、貯蔵・輸送、利用および、こうした水素エネルギーキャリア技術が社会に導入されるためのシナリオ作成に関する事業についてご説明頂きました。参加者は講師の説明に熱心に耳を傾け、質疑応答の時間には多くの質問が寄せられました。

(写真左)国立研究開発法人産業技術総合研究所 高木英行氏

(写真右)研修会の様子

 

 

 

 

食品工場における出荷前異物検査の技術 金属探知機の基礎

日 時:平成29年10月31日(火)10:00~12:00

場 所:北海道立工業技術センター会議室

参加者:37名

講 師:アンリツインフィビス株式会社 マーケティング部 アシスタントマネージャー 植山英弘氏

 

 アンリツインフィビス株式会社マーケティング部 アシスタントマネージャー 植山英弘氏をお招きして、加工食品の出荷前に行われる異物検査で活躍する金属探知機の技術研修会を開催しました。研修内容は、「金探」と略称される装置の動作原理、特性、設置、運用に関する基礎的な内容で、製造現場で役立つ平易な解説により参加者の理解を深めて頂き、各工場での品質管理技術の向上を図りました。終了後に個別に質問される方も多く大変有意義な研修会でした。

(写真左)アンリツインフィビス株式会社マーケティング部 アシスタントマネージャー 植山英弘氏

(写真右)研修会の様子

 

 

 

 

 

 

 

関連用語: