HITECニュース

研修会開催

「ヒスタミン食中毒の危害と対策」

日 時:平成30年10月24日(水)15:00~17:00

場 所:北海道立工業技術センター会議室

講 師:北海道大学大学院水産科学研究院 海洋応用生命科学部門

水産食品科学分野准教授 山崎浩司氏

キッコーマンバイオケミファ株式会社

営業第2部国内衛生検査グループTA 及川貴史氏

参加者:34名

 

私達が暮らす道南地域は、古くよりスルメイカを始めとした豊富な水産資源に恵まれた地域の一つです。しかし近年は、スルメイカの記録的不漁が続いたり、これまでに当地区ではあまり馴染みがなかった魚の来遊量が増したりと、資源環境が大きく変化しております。 そこで、赤身魚などで懸念されがちなヒスタミン食中毒を中心に、その危害や対策を学ぶ機会の一つとて、北海道大学大学院水産科学研究院准教授山崎浩司氏とキッコーマンバイオケミファ株式会社の及川貴史氏をお招きして研修会を開催しました。

 

《内 容》

1 食中毒の危害と対策

2 ヒスタミン食中毒の事例や検査キットの紹介

(写真左)北海道大学大学院水産科学研究院海洋応用生命科学部門 水産食品科学分野准教授 山崎浩司氏

(写真右)キッコーマンバイオケミファ株式会社 営業第2部国内衛生検査グループTA 及川貴史氏

(写真)研修会の様子

 

 

 

 

「AIスタートアップ実践講座」

日 時:平成30年11月29日(木)13:15~17:00

場 所:北海道立工業技術センター研修室

講 師:北海道立総合研究機構工業試験場情報システム部近藤正一氏、全 慶樹氏

参加者:13名

 

昨今、人工知能-AI-に対する注目度が向上し続けている中、函館市では、平成30年に「はこだて未来AIビジョン」を策定する等、AI等先進技術の先進都市を目指す取り組みがスタートしました。こうした現状を踏まえて、AIに関する取り組みを始めるきっかけとして、実際にAI技術に触れることで、今後の技術開発やビジネス展開に繋げることを狙いとした研修会を開催しました。

 

《内 容》

深層学習ライブラリ「KERAS」を用いて、基礎知識、活用技術を習得

・AIの基礎理論

・AI開発環境の構築と計算ツールの使い方

・深層学習による画像認識 手書き文字認識システムの作成

・深層学習による物体検出方法および事例紹介

(写真左)北海道立総合研究機構工業試験場情報システム部近藤正一氏、全 慶樹氏

(写真右)研修会の様子

 

関連用語: