HITECニュース

こんなことができます

有機酸を高感度で定量できます。
有機酸分析システム
基本使用料等の詳細については、お問い合わせください。

有機酸は食品に含まれる呈味成分(味に関与する成分)のひとつで、酢酸、乳酸、リンゴ酸、コハク酸など、発酵などにより食品中に生成されるとともに、pHや味の調整のために添加物として用いられたりします。
今回導入された有機酸分析システムは、有機酸を分析するための専用装置で、食品試料から抽出した有機酸を、BTBプレカラム法という方式により高感度で定量できます。
この装置は、平成21年度北海道地域イノベーション創出協働体形成事業(研究開発環境支援事業 味覚の数値化に基づく地域資源を活かした競争力のある食品開発を目指した測定手法の開発)で導入されたものです。この事業では、4種の道産食品の味を測定するマニュアルづくりも行いました。
食品の味を客観的に測定することは、食品の開発や品質管理に従事する人にとって究極の課題でした。今回、当センターと他の道立食品研究機関とが協力して、イカ塩辛、魚醤油、チーズ、食酢の味を、「味覚センサ」((地独)北海道立総合研究機構食品加工研究センター設置)という装置を使って分析を行うマニュアルを作成しました。当センターではこのマニュアルを用い、味覚センサと有機酸分析システム双方を活用して、市販のイカ塩辛約30検体の味の分析を行い、味の特徴が一目でわかるマップを作成しました。

※ご興味のある方、マップをご希望の方は、研究開発部 吉岡までご連絡ください。 電話 (0138)34-2600

(写真左)有機酸分析システム (写真右)食品の味評価のための味覚センサ活用マニュアル