HITECニュース

こんなことができます

イオンクロマトグラフ(東ソー(株) IC-2010)

高速液体クロマトグラフの一種。広くは、溶液中の無機イオン、有機酸、低分子量アミン、ハロゲンの測定に利用され、環境モニタリング、食品の品質管理、水質管理など多くの分野で使用されます。工業技術センターには、無機の陰イオン7種と陽イオン6種の各イオンを分析する標準的な仕様の装置を配備しています。本機は、電気伝導度検出器と紫外部吸光光度検出器を備え、さらにオートサンプラを備え時間効率よく、定性・定量の結果を得ることができます。定量結果からは「水の硬度」を評価することもできます。イオンクロマトグラフ分析の詳しくはJIS K0127:2013をご覧ください。

【仕様】
液体クロマトグラフ方式による分離分析装置陽イオンはノンサプレッサ方式、陰イオンはサプレッサ方式の流路切替方式、一体型分析可能な陰イオン種:F-,Cl-,NO2-,Br-,NO32-,PO43-,SO42-分析可能な陽イオン種:Ca2+,Mg2+,Na+,K+,NH4+検出器:電気伝導度検出器と紫外部(195~350nm)検出器

ご質問やご相談がございましたら、当センターへお気軽にご連絡ください。
【お問い合わせ】 研究開発部食産業技術支援グループ 青木 ℡(0138)34-2600

(写真)イオンクロマトグラフ