HITECニュース

こんなことができます

真空乾燥器 (ヤマト科学(株) ADP 200)

 

真空乾燥器は、真空(減圧)状態で試料を加熱し乾燥させる装置です。通常より低温での水分除去が可能で容器内酸素濃度が低いことから、熱と酸化に弱い試料の乾燥に適しています。減圧加熱乾燥法による水分測定や食品の乾燥等に用います。

 

【仕様】

温度制御範囲         40℃~240℃

温度調節精度         ±1.5℃(240℃にて)

最高温度到達時間  約70分

温度設定・表示方式             デジタル設定・表示(分解能:1℃)

内寸法  幅200×奥行250×高さ200 mm

内容積 10L

棚板        2枚、耐荷重約15Kg/枚

仕様真空度範囲 101~0.1 KPa

 

ご質問やご相談がございましたら、当センターへお気軽にご連絡ください。

【お問い合わせ】研究開発部 食産業技術支援グループ 大坪 ℡(0138)34-2600

 

(写真)真空乾燥器