HITECニュース

平成22年度事業計画から

北海道立工業技術センターでは、地域企業の技術の高度化や新製品の開発を支援するため、研究開発、試験分析、技術相談、研修、技術情報提供、広報、函館地域産業化支援などの事業を行っています。
今回は、平成22年度実施予定の事業計画の中から、研究開発事業、函館地域産業化支援事業及び研修事業のテーマをご紹介します。

研究開発事業

区 分 分 野 テ ー マ 実施年度
研究開発事業 機械電子技術 水産食品製造業における工学的インプルーブの適用に関する研究 H20〜22
水産・海洋産業向け水中無線通信技術の研究 H22〜24
工業材料開発 傾斜機能耐磨耗工具材料の開発 H21〜23
農水畜産系高分子のリサイクル技術の開発 H20〜22
装置技術 真空を応用した光機能材料の薄膜プロセスに関する研究 H21〜23
食品水分状態を指標としたドライシステムに関する研究開発 H20〜22
バイオテクノロジー 生物情報の有効活用と地域バイオマス資源の高付加価値化に関する研究開発 H20〜22
農水産資源の素材を活用した商品化に関する研究開発 H20〜22
食品技術 分子生物学的手法を利用した水産食品等の品質評価技術に関する研究開発 H20〜22
素材特性を生かした地域水産資源の高付加価化に関する研究開発 H21〜23
地   域 機械部品の超精密加工技術に関する産業化支援研究 H21〜22
機能性探索による地域食品素材のブランド力向上のための研究開発 H21〜22
近赤外分析による地域食材及び加工食品の品質評価技術の開発 H21〜22

注)地域=地域産業化支援事業 : 地域における産学官の連携により、大学や北海道立工業技術センターの技術シーズの地域企業への移転を促進し、新製品や新事業の創出を図ることを目的とした事業

研修事業

区 分 分 野 テーマ 開催日 定員
一般技術研修 短期 共通 研究成果発表会 6月11日 80名
バイオテクノロジー 第9回食品・バイオ技術講習会「機能性食品・化粧品のマーケティングをいかに行うか?」 9月27日 40名
食品技術 第2回食品技術研修会 6月 2日 40名
機械電子技術 「中小企業における生産管理と改善手法」 8月24日 20名
材料開発 材料技術研修会 未  定 30名
プロセス技術 食品加工プロセスの研修 未  定 20名
個   別 共通 食品の加工・品質評価、工業材料・部品等の試作・評価、測定・試験用機器の活用方法等の個別的な技術ニーズに対応 随   時

注)開催を予定している研修会については、今後、テーマ名並びに実施時期が変更になることがあります。なお、「個別」は、個別技術研修の略です。