HITECニュース

平成22年 3月号

こんなことができます

企業の新技術・新製品の開発などに北海道立工業技術センターの設置機器をご利用いただくため、各機器をシリーズで紹介しています。

目的の大きさの粉末をスピーディに作れます
ハンマー式粉砕分級システム(平成21年度財団法人JKA補助金)
基本使用料等の詳細については、お問い合わせください。

ハンマー式粉砕分級システムは、金属・セラミックスから食品に至るまで幅広い物を対象とし、主に原料の粉砕・分級を行うための機器です。粉砕と分級を一つの機器で同時に行なうことによって、連続的かつ短時間で目的とする粒度の粉末を比較的大量に作り出すことができます。粉末を扱う食品加工機械製造業、燃料・飼料等の造粒装置製造業、粉末冶金関連機械製造業などで使用する基本機器です。
一体的なシステム構成となっているため、粉砕物を取り出す際や分級機に投入する際に粉砕物が飛散したり異物が混入したりすることが少なく、連続的かつ短時間で目的とする粒度の粉末を作り出すことができます。このため、効果的・効率的な研究開発や製品開発への技術支援が可能となっております。本機器に関するご質問やご相談がございましたら、当センターの材料技術科へお気軽にご連絡ください。なお、本機器は、平成21年度財団法人JKAの補助金で設置されました。

ハンマー式粉砕分級システム

トピックス(H2203)

海外出張報告 〜中国山東省食品産業・投資環境調査ミッション〜

研究開発部 食品技術科 科長 青木 央
中国山東省「中国昆布の里」訪問
札幌商工会議所が主催した中国山東省食品産業・投資環境調査ミッションに参加しました。4泊5日の旅程で、青島市、煙台市の投資促進局や日系進出企業の計12団体の関係者を訪問しました。1月26日(火)千歳から成田経由で青島へ向かった視察団(団長 鈴木伸明札幌商工会議所国際部長、他団員7名)は、1月29日(金)に煙台市北西、秦の始皇帝が訪れた蓬莱の沖にある長島を訪問しました。この長島は軍事上の理由で、経済開放されたのが2008年10月であるため、北海道視察団は初めてということで歓迎を受けました。
GDPの50%が水産業、観光が30%の島です。昆布の生産は8,600トンあり、日本へは大連経由で2,000トン輸出されているといいます。昆布は、現在、日本政府が輸入規制をしています。現物は、加工用としては十分な品質にあると思いました。この長島にある国家A級認定の加工工場を見学させていただきました。大変清楚であり、壁の突合せは曲面施工された設備が出来ていました。長島へは蓬莱からフェリーで1時間ほどの場所です。昆布のほか、ウニ、ホタテ、それと大きなイガイがとれるそうです。長島県対外貿易経済合作局の宋局長は、経済開放が遅かったため、地域の発展を外資導入により加速させようと活発な誘致運動を展開したいと話されていました。
(写真左)長島県対外貿易経済合作局との面談 (写真右)長島で生産された昆布の実物

各展示会に出展「サッポロ・マルシェ」十勝の豆と函館の昆布

開催日:平成22年1月28日〜31日    場所:サッポロファクトリーアトリウム
「十勝の豆と函館の昆布」に参加し、函館ガゴメ連合の支援を行いました。
がごめ昆布おぼろ削り実演、北大水産学部准教授安井先生の講話も行われました。北海道ならではの新鮮で高品質な生鮮品・加工品を紹介し、3日間で約11,700人が訪れました。

がごめ連合ブース風景

「ふじのくに食と農健康づくりフェア」

総合食品開発展&地産地消フォーラム

開催日:平成22年2月5日     場 所:静岡県コンベンションセンター
札幌・函館・帯広 知クラ&都市エリア連絡協議会として特別出展し、がごめ昆布、函館活〆スルメイカなどを展示し、PRしました。
静岡県内からのお茶関連(23)、農産品(18)、水産品(19)、健康食品・機能性食品(11)、北海道・熊本・鹿児島からの県外特別出展(10)等の出展があり、約1,000名が訪れ、大変盛況でした。

財団法人函館地域産業振興財団ブース風景

「2010スーパーマーケット・トレードショー」

北海道ブランド販路開拓

開催日:平成22 年2月8日〜10日     場  所:東京ビッグサイト
函館市との共催で、マルキチ食品㈱、㈱ジョッキ、道南食品㈱、㈱天狗堂宝船、出口製麺㈱の出展の支援をしました。この展示会は、主にスーパーマーケットなどのバイヤーを対象に開催されており、3日間で81,747名の来場者があり、具体的な商談も多数あって有意義な出展でした。

北海道・財団ブース風景

「ジャパン インターナショナル シーフードショー 大阪」

全国から魚・水産商材の逸品が勢揃い

開催日:平成22年2月16日〜17日     場 所:ATCホール
公立はこだて未来大学と共同出展し、函館マリンバイオクラスターの紹介を中心とした試食の実施や商品開発技術の説明を行いました。2日間の来場者は、11,359名でした。がごめ昆布に関しては、質問やサンプル提供依頼が多数あり、今後に期待される出展でした。

財団ブースを訪れる来場者

「トピックス(H2203)」カテゴリーの記事一覧へ »