函館地域産業振興財団の紹介

魅力ある中小企業の育成を目指す「ものづくり」に向けた事業活動を積極的に支援する様々な施策を講じています

函館地域には、伝統的な海産物や農作物等の「加工技術」や造船業関連の中小・中堅企業が密集する「産業集積」が発達し、北海道の中でも多様な「ものづくり」の文化があります。

しかし、近年の環境変化や企業活動の国際展開の中で産業構造の転換期を迎え、「産業の空洞化」が進行しており、函館地域の基幹産業を支えてきた「ものづくり」の基盤となる地域の産業集積や、地域の自律的発展の基盤となる中小企業の集積に大きな影響が現れています。

地域産業の自律的発展を図るためには、これらの産業集積が技術の高度化や新分野への進出等を通じて活性化を図り、地域経済の発展基盤を強化することが重要となっています。

こうした考えに基づき、「特定産業集積の活性化」を促進するため、地域企業の事業活動を支援するために、産学官の連携を図りながら、各種事業を展開しています。