機器・設備の利用

主な機器・設備【ものづくり技術支援グループ】

ネットワーク・アナライザ

電子回路網の周波数特性を測定します。

ネットワーク・アナライザ
ネットワーク・アナライザ

ネットワーク・アナライザは、電子回路網において、主に高周波での周波数特性を測定する機器です。

高周波回路では、入射信号が全て伝送信号に変換される訳ではなく、一部が反射信号として存在し、実際の出力が設計通りに出力されていない場合も数多くあります。ネットワーク・アナライザは、入射信号の周波数を変化させながら、各伝送信号と反射信号の位相や振幅等を測定し、その回路網の特性を把握することができるため、作業効率や品質の向上が図れます。

例えば、フィルタ機能やインピーダンスマッチング等の特性を把握することで、信号処理や伝送路の信頼性確認等に役立ちます。

本装置は、[JKA(競輪)補助事業]により導入されました。
【日本自転車振興会補助金】導入機器一覧

【お問い合せ・お申し込み先】

詳しい仕様やご利用方法などお気軽にお問い合わせください。

北海道立工業技術センター ものづくり技術支援グループ
TEL:0138-34-2600

使用承諾申込書(PDF)ダウンロード機器・設備の一覧はこちら

このページの先頭へもどる ▲