研究開発

地域企業・大学・産業支援機関の連携による研究開発で
「技術の高度化」「地域産業の競争力強化」などに貢献しています。

外部資金研究

先端技術の導入支援等による地域企業生産性向上事業

 北海道の補助事業で、loT、ロボティクスをはじめとした先端技術等の導入・応用について、ものづくり企業など機械器具の製造側と食品製造業などのユーザー側を一体的に支援するとともに、地域企業の生産性向上と、良質で安定的な雇用の創造を図ることを目的としている。
  地域企業に対し、技術力生産性向上マネージャー(当財団研究職員)による基盤技術の高度化、製品化研究、製品改良、生産工程・設備保全技術の改善・効率化等生産性の向上に関するニーズや課題の把握、改善に向けたマネージメントを行い、次にこれらの課題解決に向け、当センター研究員及び外部機関の専門家による技術支援等を実施した。

戦略的基盤技術高度化支援事業

 経済産業省中小企業庁が実施する補助事業で、中小ものづくり高度化法による特定研究開発等計画の認定又は地域未来投資促進法による地域経済牽引事業計画の承認を受けた中小企業・小規模事業者による、中小ものづくり高度化法に基づく12技術分野の向上につながる研究開発、その試作等の取組を支援することを目的としている。中小企業・小規模事業者が大学・公設試等の研究機関等と連携して行う、 製品化につながる可能性の高い研究開発、試作品開発等及び販路開拓への取組として、本年度は、以下のテーマで実施した。

「ウニの実入改善を実現する海藻等未利用バイオマス再資源化と利用技術の確立」

イノベーション創出強化研究推進事業

 我が国の農林水産・食品分野の競争力を強化し飛躍的に成長させていくためには、従来の常識を覆す革新的な技術・商品・さービスを生み出す研究開発が必要である。このため、農林水産省において、様々な分野のアイデア・技術等を導入した産学官連携研究を促進するオープンイノベーションの場として「知」の集積と活用の場が創設され、イノベーションの創出に向けた取組が進められています。革新的な技術・商品・サービスを生み出す研究や、研究成果の迅速な実用化・事業化を図る実証研究を支援している。本年度は、以下のテーマで事業を実施した。

「輸出促進を目指した生鮮水産物の品質制御と鮮度の“見える化”技術の開発」

JAS等の国際標準化による輸出環境整備委託事業

 規格・認証は、産品や事業者の品質、技術、取組の内容を「見える化」するものであり、特に、食文化や商慣行が異なる海外市場において、その産品を知らない取引相手に品質や特色を訴求するには、戦略的な規格・認証の制定・活用が重要となる。農林水産省では、我が国農林水産業・食品産業の競争力強化を図るため、強みのアピールにつながる多様なJASの制定・国際化に向けた技術的なデー タの収集、検討・調整、規格素案の作成を行う事業を民間団体等に委託している。本年度は、以下のテーマで事業を実施した。

「生鮮水産物の新鮮度の試験法、及び高品位出荷プロセスの規格化」

研究成果最適展開支援プログラム (A-STEPトライアウト)

 A-STEPは大学・公的研究機関等で生まれた科学技術に関する研究成果を国民経済上重要な技術として実用化することで、研究成果の社会還元を目指す技術移転支援プログラムで、研究成果の技術移転に伴う技術リスクを顕在化し、それを解消することで企業による製品化に向けた開発が可能となる段階まで、研究開発の状況に応じて、リスクの解消に適した複数のメニューがある。本年度より、シーズが企業ニーズの達成に資するか、可能性を検証する支援メニューのトライアウトで、以下の2つのテーマを実施した。

「小さい温度差のみで駆動可能な水素吸蔵合金アクチュエータの基本特性の解明」
「陸上栽培による海藻の次世代タンパク質化及び高機能性評価システムの構築」

科学研究費助成事業

 科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金/科学研究費補助金)は、人文学、社会科学から自然科学まで全ての分野にわたり、基礎から応用までのあらゆる「学術研究」(研究者の自由な発想に基づく研究)を格段に発展させることを目的とする「競争的研究費」であり、ピアレビューによる審査を経て、独創的・先駆的な研究に対して助成される。本年度は以下のテーマに参画した。

「次世代に向けた魚類のためのスマートバイオセンシングの創出に関する研究」(基盤研究(B))

イノベージョン創出研究支援事業

 公益財団法人北海道科学技術総合振興センター(ノーステック財団)の補助事業。新北海道科学技術振興戦略に定める地域イノベーション創出に向けた取組みを展開する分野や北海道における地域の課題解決・地域振興・地域資源の活用に関する産学官共同研究や事業化を志向する基礎的・先導的な研究に対する支援を目的としている。本年度は、以下のテーマで事業を実施した。

「海洋深層水を活用した海藻スプラウトや有用海藻の陸上栽培技術の実用化」

全国競馬・畜産振興会畜産事業

 日本中央競馬会の助成事業で、国の畜産振興諸施策を補完し総合的な観点から畜産振興が図られるよう、民間の事業主体による畜産の振興に資するための事業の実施を助長することを目的とする。本年度は、国産乳製品の国際競争力強化のため、輸入チーズとの差別化・優位性を訴求した国産チーズの開発・晋及を図り、以下のテーマで事業を実施した。

「国産チーズ・イノベーション事業」